Month: 6月 2014

modeusa

アパレルのアルバイトの王道と呼ばれるとショップスタッフを一番先にあげると思います。一杯求人がありますよね。

でもアパレル関係のアルバイトってポジションによっては色々な仕事を任されるケースも多いそうです。基本的には接客なのですが、裏方に回り、品出しや在庫補充なども仕事の一部です。

難しいの人気ショップのアルバイトですよね。募集があってもすぐに採用枠が埋まってしまったりします。109などの人気ショップはものすごく人気があり倍率がすごく高いそうです。また暇な時間もほとんどないので接客やアパレル販売の基礎やスキルを磨くにはうってつけの場所でもあります。

アパレル店員の場合はあまり暇すぎてもつまらないバイトになるようで少し忙しいくらいが最も良いそうです。【経験談】

あとはショップによって時給などにも違いがあります。やっぱり都内の方だと時給1000円以上のショップが多いですが、田舎になると1000円をきったりします。これは忙しさの違いもあると思いますが、お客さんと接する数も全然違ってきますので当然といえば当然ですよね。

求人を探す場合にはハロワや情報誌をみてもあまり見つかりません。アパレル関係のバイト情報はアパレル求人アルバイト情報サイトにあります。

ここを探すと数えきれないくらいの求人情報があるのですぐにお目当てのバイトを見つけることができますよ(^o^)特に関東や東京圏の募集量がすごいのでアパレルのバイト求人に困ることはないと思います。

ファッションデザイナーの仕事ってなにするの?

お洒落な女性

ファッションデザイナーの仕事は多くの方がデザインを考えることだと勘違いしている人が多いです。実はファッションデザイナーの仕事はかなり多く、企画の段階から始まっています。しかもリサーチもします。自分のデザインする服はどんな人、年齢、シーズンに着るのか?などを考えて売れる服を作るのが基本となるのです。

そうですね。まずはコンセプトを作ります。そこからデザインへと意向していくのが基本となります。また生地や素材、縫製のやり方までも最初に決める必要があります。また他のアイテムとのコーディネートにてきすのかどうかもすごく重要な考えになってきます。

これだけでもかなりの仕事量があることがわかると思います。さらに服を作る技術が必要になってくるので経験値とスキルの両方が必要な職種でもあるのです。

その分、やりがいがありますし、自分のデザインした洋服が売られている。着られている時の快感は人にはわからない嬉しさがありますよ(^o^)

ファッションデザイナーになるには服飾専門や大学などを卒業して基本的な知識をつけた状態でないと採用されることは難しくなります。技術がある人はファッションデザイナー求人情報を探して自分で応募するのもありだと思います!