ファッションデザイナーの仕事ってなにするの?

お洒落な女性

ファッションデザイナーの仕事は多くの方がデザインを考えることだと勘違いしている人が多いです。実はファッションデザイナーの仕事はかなり多く、企画の段階から始まっています。しかもリサーチもします。自分のデザインする服はどんな人、年齢、シーズンに着るのか?などを考えて売れる服を作るのが基本となるのです。

そうですね。まずはコンセプトを作ります。そこからデザインへと意向していくのが基本となります。また生地や素材、縫製のやり方までも最初に決める必要があります。また他のアイテムとのコーディネートにてきすのかどうかもすごく重要な考えになってきます。

これだけでもかなりの仕事量があることがわかると思います。さらに服を作る技術が必要になってくるので経験値とスキルの両方が必要な職種でもあるのです。

その分、やりがいがありますし、自分のデザインした洋服が売られている。着られている時の快感は人にはわからない嬉しさがありますよ(^o^)

ファッションデザイナーになるには服飾専門や大学などを卒業して基本的な知識をつけた状態でないと採用されることは難しくなります。技術がある人はファッションデザイナー求人情報を探して自分で応募するのもありだと思います!